静岡市・JA 農業収入保険加入を支援

  • follow us in feedly

静岡市の田辺信宏市長(右から2人目)と静岡県内のJA関係者/出典:日本経済新聞

静岡市、JA静岡市、JAしみず、静岡県中部農業共済組合は17日、農業経営収入保険について連携協定を締結し、静岡市とJAが保険料の一部を支援する。静岡市は保険料の半額について5万円を上限に、JA静岡とJAしみずは1万円を上限に補助する。

農業経営収入保険は、自然災害など様々な理由で収入が減少した農家に対し、減少分の一定割合を補填する保険制度で、全国農業共済組合連合会が2019年に始めた。

田辺信宏市長は「天候リスクが高まる中、農家の経営を安定させるセーフティーネットになる」と期待を示した。

毎年、各地で水害が発生しており、農家も打撃を受ける中、農業経営収入保険は画期的な制度であり、これに行政などが加入支援することは全国初の取り組みとなるという。

詳しくはこちら

  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る