野菜価格平年並みに安定

  • follow us in feedly

農水省/出典:西日本新聞

農林水産省は2日、主要な野菜14品目の9月の生育状況と価格見通しを発表した。

9月前半はハクサイとキャベツが平年よりも高値水準が続くものの、残る12品目は平年並みで推移し、後半は全14品目が価格、出荷数量ともに平年並みになると見込んだ。ちなみに、8月31日時点の東京都中央卸売市場の卸売価格は、ハクサイが平年比46%高、キャベツは92%高だった。

野菜は7月の長雨により全般的に高値が続いていたが、梅雨明け後の天候回復で出荷が増え、9月は価格が落ち着ついてきた。

8月6日付けフレッシュNow記事「野菜価格の上昇と今後の推移を予測」の中で、「お盆期間中までは野菜の価格は高値で推移しそうだ。しかしそれを過ぎれば需給バランスも変化するため、野菜価格も徐々に値下がり安定していくものとみられる」との見解を示したが、まさしくそのような展開となりそうだ。

詳しくはこちら

  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る