「かにのほほえみ」?収穫最盛期

  • follow us in feedly

稲刈り風景/出典:毎日放送

兵庫県の香美町で、カニの殻を肥料にして栽培されるブランド米「かにのほほえみ」の稲刈りが始まっている。
ブランド米の「かにのほほえみ」は兵庫県香美町の香住漁港で水揚げされた特産の香住ガニや松葉ガニの殻を細かく砕いて肥料にした田んぼで栽培されるコシヒカリである。
 「かにのほほえみ」は甘みと粘り気の強さが特徴で、今年は民宿などの宿泊施設からの注文も増えているという。収穫作業は9月下旬まで続く。
カキの殻を肥料とすることは知られているが、カニの殻を利用するとはカニの産地ならではの取り組みである。カニの殻も大量に出れば処分に困るところ、肥料として活用するのであれば、自然にも優しい取り組みである。
詳しくはこちら

  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る