ベニズワイガニ初水揚げ 境港市

  • follow us in feedly

水揚げされたベニズワイガニ/出典:共同通信

秋の味覚・ベニズワイガニが14日、国内屈指の水揚げ量を誇る境港市(鳥取)で、今シーズン初めて水揚げされた。

漁は1日に解禁されたが、台風のため初水揚げが遅れていた。境港を8日に出港した第68漁徳丸が、隠岐諸島沖で約7トンのベニズワイガニを取り、14日未明に帰還した。

朝の初競りで33キロの生食用カニが入った籠に5万5500円の値が付き、加工用は30キロ当たり6千~1万3600円だった。

ベニズワイガニはズワイガニとは別のもので、写真にあるとおり茹でる前から赤いのが特徴である。大きさもズワイガニとそん色はなく、わずかに食感の違いはあるがズワイガニよりもベニズワイガニのほうが割安である。都心に出回ることが少ないので、地域で見かけた際はぜひ食べてみてもらいたい。

詳しくはこちら

  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る