ブランド・メバチマグロ「ひがしもの」、シーズン到来

  • follow us in feedly

 

水揚げされたメバチマグロ/出典:河北新報

宮城県塩釜市の塩釜港に水揚げされるメバチマグロのブランド魚「三陸塩竈(しおがま)ひがしもの」のシーズンが到来した。17日に市場で販売が始まり、仲買人が鮮度や色つや、脂の乗りで厳選したマグロが仙台市や首都圏に初出荷された。

「ひがしもの」は、はえ縄船が9~12月に三陸沖で漁獲し、市魚市場に水揚げしたメバチマグロから選ばれる。40キロ以上で取引価格が1キロ2000円以上といった条件がある。17日は高知、宮崎両県の5隻が水揚げした計189匹のうち、約40匹をひがしものに認定し、出荷した。最高値は1キロ当たりで前年より1400円高い6200円で競り落とされた。

市魚市場買受人協同組合の鈴木信弘理事長は「市場の相場を信じて水揚げしてもらっている。新型コロナウイルスの影響で販売が大変だが、メバチマグロの最上級のブランドとして発信していく」と意気込んだ。

筆者は過去に「ひがしもの」を食べたことがあるが、めばちマグロの中では脂もあり、生まぐろなのでその食感も良く、おいしかったと記憶している。知名度の低さはあるが良質のまぐろなので、全国的に有名になることを期待したい。

詳しくはこちら

  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る