南足柄市のふるさと納税 ビールで寄付8倍に

  • follow us in feedly

返礼品のビール/出典:朝日新聞

2019年度のふるさと納税で、神奈川県南足柄市への寄付額が前年度の約8倍の約26億6600万円に激増し、県内1位に躍り出た。人気を集める理由は、丹沢山系の水を利用した返礼品。豊かな水の恵みが市の財政を潤している。

南足柄市によると、今年4~7月の市への寄付額は約7億5400万円で、前年比で58%増えた。急に寄付額が増えたのは、16年7月、ビールを返礼品に加えたからだ。

市内のアサヒビール神奈川工場が、丹沢山系の水を利用して製造している。昨年5月からはビールを工場から3カ月以上連続で毎月届ける「スーパードライ定期便」も導入。これが爆発的な伸びにつながり、19年度の市への寄付額は全国で23位、県内では首位に躍進した。

総務省の発表によると、全国の自治体が2019年度に受け入れたふるさと納税の寄付総額が前年度比4.9%減の約4875億円となっている。全国的に納税額が減少している旨報じられる中で、納税額が増えているということで、南足柄市の「スーパードライ定期便」が納税者には非常に魅力的な商品と映っているのであろう。そのため、全国的にも似たような返礼品が出てくる可能性が考えられる。

詳しくはこちら

  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る