今年も「オリーブハマチ」が解禁

  • follow us in feedly

オリーブハマチのパンフレット/出典:香川県かん水養殖漁業協同組合HP

1928年に初めてブリ(ハマチ)の養殖が行われた香川。9月11日、同県でちょっと変わった養殖ブリの販売が解禁された。その名も「オリーブハマチ」。香川県のブランド品種。

オリーブハマチは毎年9月中旬に解禁され、翌年1月までの期間限定で味わうことができる。2008年の発売開始以来、年々出荷量を増やしており、2020年は27万尾程度を出荷する予定となっている。

オリーブハマチの特徴はずばり、「オリーブの葉」を飼料に混ぜて育てられているということ。オリーブの葉には強い抗酸化作用を持つ「ポリフェノール」が大量に含まれている。この飼料を与えられたブリは、脂がたっぷり乗っていても臭みがなく、さっぱりとした味わいを楽しめると言われている。また、香川県と国立研究開発法人理化学研究所の研究によると、オリーブハマチを週に1回、生(刺身)で300g摂取することで日常生活疲労の改善、ストレス軽減、リラックス効果があるとのこと。

飼料にいろいろな植物を混ぜて魚に与える養殖は、ポピュラーなものとなっている。はしりとなったのは鹿児島の養殖ブリ「獅子鰤王」で飼料にユズを混ぜることで、ユズの香り成分であるリモネンが身に移り、さっぱりした味わいになることがわかり、各地で同様のブリが養殖されるようになった。大分ではカボスを、愛媛ではミカンを飼料にまぜて育てるブリもあり、それぞれ、脂臭さもなく美味しい。スーパーな出で見かけたら、ぜひ、試してもらいたい一品である。

詳しくはこちら

オリーブハマチのHP

関連記事

  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る