筆先に似た『筆柿』の出荷始まる

  • follow us in feedly

筆柿/出典:東海テレビ

筆の先に形が似ている「筆柿」。全国シェア95%を占める生産地・愛知県の幸田町で20日、出荷が始まった。

今年は梅雨時の長雨の影響で果実の水分量が多く、とてもおいしいとのこと。

収穫された1500キロの筆柿は、農協の選果場に運び込まれ、次々と箱詰めされた。筆柿の収穫は11月末まで、続き東京、大阪、名古屋の市場などへ出荷される。

柿の収穫報道としては今季数件目の速さである。筆柿は、種が入ると渋が抜ける品種のようで、渋柿を外見だけで選別するのは難しく、昔は人力で区別していたので苦労したそうだ。今は機械で選別されており、渋柿に当たることはないようだ。

詳しくはこちら

  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る