みやぎ生協でイベント開催!牡蠣食べて生産者を応援【宮城】

  • follow us in feedly

県産の生ガキ無料パックを受け取る買い物客/画像提供:河北新報

旬の時期である牡蠣の収穫は新型コロナウイルス感染症の影響で需要の低迷に苦しんでいる。

みやぎ生協は13日、宮城県内のカキ生産者を応援しようと県内の全51店舗で県産生カキの販売促進イベントを展開。

南三陸町志津川湾産の殻付きカキを1個98円で提供するなど、県漁協・仙台水産(仙台市)・仙都魚類(同)が協力。限定販売を実施。仙台市宮城野区の2店舗では、先着100人様に加熱用生カキ200グラムを無料で提供。

コロナ禍で外食需要が激減した県産カキは価格が下落。産地では1日の出荷量をコロナ禍前より2割減の約10トンに調整。

詳しくはこちら

  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る